使える薬について

	 curative

今まさに早漏だからといって、絶望することはありません。ちょっとした工夫で、それは解消することができるのですから。
チントレを日頃から行うことによって。あるいは、もっと手っ取り早く薬を使うことによって。ここでは、代表的な薬の種類について紹介します。
代表的なのは2種類。ひとつは脳に働きかけ、ひとつはペニスそのものに作用することで早漏を防止します。

前者の薬は、ダポキセチンという成分を含んでいる薬です。飲み薬になっているのが一般的で、エッチの前に飲むことによって効果を発揮します。
ダポキセチンは、射精感が高まったとき、脳が「出せ!」という指令を下すのを止める役割を果たします。より具体的に言えば、脳が早々と「出せ!」というほどの興奮状態になるのを止めてくれます。早漏の人の脳は、ペニスから伝わってくる快感が激しすぎるためにすぐに興奮が極に達し、興奮を伝える神経伝達物質をたくさん放出して「出せ!」という指令を下しますが、ダポキセチンによって脳が興奮の極に達しようとするのをとどめることができるのです。冷静に快感を受け止め、いよいよとなったときに適切なタイミングでイケるようになります。

一方、後者の薬は塗り薬で、ペニスに塗ることで刺激を和らげる効果を持っています。
リドカインという成分が使われていることが多く、これもエッチの前に亀頭に塗ることで効果を発揮します。
リドカインは、病院の外科などではよく使われている薬の成分であり、麻酔をかけるほどでもない場合など、患者さんが痛みを訴えるときにその場所に塗布することで痛みを和らげる効果があります。完全に無感覚になるのではなく鈍らせるというのが大きな特徴です。
この薬を使えば、興奮して勃起したペニスですが挿入したときの快感は半減します。つまりその分だけ、長持ちさせることができるのです。

どちらの薬も、正しく使えばしっかり早漏を防止してくれるでしょう。
使いやすいと思えるほうを探してみてください。