EDと早漏のコンボに

	 drug

性の悩みは多種多様で、特に男性が抱える問題は多いといわれています。
最近は女性の地位向上も積極的に進められており、それ自体は素晴らしいことですが、いわゆる「尻に敷かれる」という男性が増えています。
また、それに伴って男性の草食化も進み、どっちかといえば引っ込み思案、という人が増えているようです。そういうわけで、イケイケの性豪タイプの男性は少なくなり、性の悩みを抱える男性が増えている、というわけなのです。性の悩みの多くは実は心因性(精神的なことが原因)で起こるものも多いとされているので、これはまさに現代ならではのことといえるでしょう。
早漏の場合も、早漏だけで済む男性もいますが、最近増えているのはEDと併発してしまう人。EDというのは「勃起不全」と訳される現象ですが、エッチの途中で中折れしてしまったり、最初から十分に勃起できなかったりという状態になることを言います。
早漏が先か、EDが先かは人によって異なるようです。たとえば早漏という悩みがあるせいで性に積極的になれず、EDになってしまうというケースがあります。
あるいは毎回中折れしてしまうという人が、「中折れする前に出さなきゃ!」と焦るあまり早漏になってしまう、というケースもあるようです。

早漏防止の薬の中には、このような「EDと早漏のコンボ」で悩む人にうってつけのモノも出ています。
ダポキセチンという脳の性的興奮をしずめる働きがある成分と、シルデナフィルやタダラフィルといったEDの解消に役立つ成分をダブルで含む薬です。
このような薬を使えば、しっかりとペニスを勃起させ、しかも挿入後も長持ちさせることができるようになります。
心因性の早漏やEDは悩みが解決したときになくなってしまうということも多いので、薬を利用することで完全に自信をつけ、以後は早漏でもEDでも悩まず性生活を送れるようになるかもしれません。